Posts Tagged ‘収納’

ロフト収納

我が家の子ども部屋にはロフト収納を設けました。子どもが小さいこともあり、それぞれの個室を設けるのではなく、広々ワンルームの子ども部屋を設け、将来的に個室が必要となった時にワンルームを二つの個室に区切れるようにしました。個室になった時に狭さや圧迫感を感じないように勾配天井にしたのです。天井が高いことで個室になった際も閉鎖的な印象になるのを払拭できますし、この天井高を活かしてロフト収納を設けることもできています。

子どもの成長と共に物も増えていきます。しかし、子どもが成長することで個室を必要とします。物は増えていくが、空間は個室になることで狭くなるためこの矛盾を解消するためにロフト収納を設けたのです。捨てられない物や季節ものの用品をしまうには最適です。今はまだ収納するものが少ないため子ども達の絶好の遊び場となっています。

私の友人宅にもロフトが設けられていました。広々とゆとりのあるロフトは収納スペースとしてだけでなく、旦那さんの書斎スペースとしても利用していました。ここをウォークインクローゼットとして利用しており、明かり取りの小窓は衣類が日焼けしないように足元に配置していました。

衣類の管理がしやすくなっただけでなく、旦那さんが以前から希望していた書斎スペースを実現できているのです。休日は一人でここにこもって漫画を読んだり、音楽を聴きながらリラックスしたり、親子で昼寝をしたりプライベートな空間としても活躍しているのです。天井裏というデッドスペースも無駄にせず有効的に活用させたいものです。

収納への満足度

家造りを行う大部分の人が収納に注目することと思います。収納を設ける際、スペースに合わせて収納するという考えから、収納に合わせてスペースを確保するという考えを持って我が家は家造りを進めてきました。使い勝手のいい収納を設けたいと思っても、暮らしてみないと分からないということも多いです。実際に収納する物やライフスタイルに合わせて収納スペースを設けたいものです。

レイアウトの変更が自由自在の可動間仕切り収納というものを子ども部屋のクローゼットに採用しました。子どもの成長に合わせて子ども部屋に求める空間のあり方は変わってきます。そこで最初から個室の子ども部屋を設けるのではなく、広々ワンルームの子ども部屋を設けて、子どもの成長に合わせてその時々でぴったりの子ども部屋となるように可動間仕切り収納を移動させるのです。

間仕切りの役目を果たしてくれながらも衣類などしっかりと収納できるのです。ハンガーパイプには衣類をしっかりと掛けて、そしてその下には引き出し収納を設け、奥にしまった物でも物が出し入れしやすいようにします。限られた収納スペースでもデッドスペースを生むことなく上手に活用することで収納力がアップします。

主婦の多くはキッチンにパントリーを希望することでしょう。パントリーに設ける棚板は浅目にしておき、物の出し入れのしやすさや賞味期限の確認のしやすさを確保します。大きさのある調理器具なども収納することを考え、奥行のある棚もあると便利です。棚の高さを収納する物に合わせて変えることができたり、棚の奥行によって収納する物がピッタリとなるように使い勝手の高い収納を設けたいものです。

便利なシューズクローク

玄関横にシューズクロークを設けるのは今では当たり前のようになってきました。玄関横にシューズクロークを設けることで玄関スペースがスッキリと片付きます。シューズクロークにはただ靴をなおすだけではありません。外で使用する子どものおもちゃや三輪車、ベビーカー、それに加えて洗車用品や旦那さんの趣味のゴルフ用品などまでしっかりと収納できるシューズクロークにしておくと便利で使い勝手のいいシューズクロークだと実感できると思います。

私の旦那さんの趣味であるゴルフ用品の収納場所に今まで悩んできました。一階には収納しておくスペースがないので二階の物置にそれを収納していました。重たいゴルフ用品を抱えゴルフに行くとき、また帰宅時には階段を上り下りしなければなりません。体の負担にもなりますし、好きなゴルフへ行くのが次第に面倒くさいと感じるようになるのです。しかしこれを玄関横のシューズクロークに設けることで靴を履くのと同時にサッとゴルフ用品を取り出せ、また帰宅した時は家に入る前にゴルフ用品をシューズクロークになおすことができます。これで大好きなゴルフも面倒と感じることなく楽しむことができると思います。

シューズクロークには掛けて収納できるスペースも確保しておくといいでしょう。いつも着用する上着をこのシューズクローク内に設けておけば外出と帰宅が今まで以上にスムーズに行えます。そこで気を付けておきたいのが換気です。靴から発せられる嫌な臭い対策として、また靴や衣類を収納することでカビの発生を抑えるためにも風の通りをしっかり確保しておいた方がいいのです。

土間収納

土間収納があると玄関周りをスッキリさせることができます。
玄関スペースを広々とさせるのではなく、むしろ玄関スペースはそこそこに土間収納に力を入れるという人も少なくありません。
土間収納に置いておきたいものは子どもの外で遊ぶおもちゃや三輪車、ベビーカーに洗車用具、レインコートなどです。
それに加え私の主人はゴルフが趣味なのでゴルフ用品も土間収納に置いておきたいです。
土間収納に置きたい理由は外で使用する物を住宅内で安全に保管しておきたいから、室内にあげることができないものやあげるのに抵抗を感じるものだからです。

この土間収納を充実させることで靴を履き、必要な物をサッと取り出し外へ持ち出すことができます。
また帰宅した際も靴と同じ場所に収納できるので収納に手間がかからないというのも大きな魅力です。
レインコートなどは掛けて収納しておきたいのでポールを設け掛ける収納を設けるとより便利です。
レインコートだけでなくいつも着用する上着もここに収納しておくことで外出や帰宅が今まで以上にスムーズになることでしょう。

便利で使い勝手のいい土間収納にするにはこのスペースに窓を設けることは必須だと思います。
濡れた物を収納することを考えると湿気でカビの発生も気になります。
十分な換気を行えるようにするためと、土間収納を明るい空間にするためです。
薄暗い収納スペースでは必要な物を見つけだしにくく便利さに欠けます。窓を設けることを忘れないようにしましょう。
また玄関側からこの土間収納が目に入らないようにするため扉を設けたり対策を取ることも必要だと思います。

一階にファミリークローゼット

我が家の新築住宅の一つのポイントとなっているのが一階にファミリークローゼットを設けることです。
現在間取りを考えているのですが、一階の家事ルームにファミリークローゼットを設けようと思っています。
家事ルームを設けることで家事を今まで以上にスムーズに行えるようになります。
この家事ルームに室内用洗濯物干し場を設け、悪天候時にはこの空間を使用し洗濯物を干すことができるのです。
そこで干した洗濯物をその場でたたみ、一緒に設けられたクローゼットに収納することができれば移動することなく、洗濯物を干す、たたむ、なおすという一連の家事を行うことができるのです。

家事ルームには洗濯をたたんだり、アイロンがけをする際に重宝するカウンターを設けようと思っています。
またこの家事ルームにファミリークローゼットを設けようと思ったのは一か所で家族の衣類を管理することができるからです。
また一階にこのクローゼットを設けたい理由は一階が生活の基盤となるからです。
子どもが小さいので子どもの衣類はもちろん私が管理します。
旦那さんの服も私が管理しています。それぞれの衣類を各部屋に収納するのは意外と大変です。それを一か所で管理ができれば衣類を管理する私は格段に楽になります。

また一階にファミリークローゼットがあれば自分の衣類を身近に感じることができ、自分の服は自分で出し入れする習慣を身に着けるにもできるようになると期待もしています。
このクローゼットは可動棚を設け自由に高さを変えられるようにしようと思います。
また子どもも自分の衣類を取り出すことができるように、上下段にポールを設け掛ける収納を充実させようと思っています。
一階のファミリークローゼットは家族みんなが満足できるクローゼットになりそうです。

シューズクローク

最近住宅を建てる人の中のほとんどの人が玄関に靴箱を設けるのではなく、玄関横にシューズクロークを設けています。
住宅だけでなくマンションの玄関においてもシューズクロークが設けられているのです。
玄関スペースをより広々とスッキリさせるためには玄関横に収納力を発揮してくれるシューズクロークが必要なのです。

私は玄関スペースよりもこのシューズクロークを整えることで住宅への満足度が高くなると思います。
玄関に家族の靴が散らばり、お客様が来た時慌てて靴箱にしまいこむという経験はありませんか。
シューズクロークを充実させることで家族それぞれが自分の靴を自分で取り出しなおすようになると思います。

またシューズクロークは靴だけを収納する場所ではないのです。
広々としたシューズクロークを設けることでベビーカーや子どもの外での遊び道具や旦那さんの趣味道具まですっきり収納できるのです。
玄関横に設けられていることで外出時や帰宅時必要な物をスムーズに出し入れできるのも大きな魅力です。
夜でも収納している物が分かるように照明を設置したり、湿気がこもらないように換気の対策をしっかり取ることでカビの発生も抑えられ、快適な収納スペースとなるのです。
シューズクロークからも室内へ入れるような造りをすることで、家族用と来客者用と玄関を使い分けることができます。
そうすることで来客者用の玄関は常にきれいで、家族が自分の靴を出し入れする習慣がより身に付くようになりそうですね。

Copyright © 2018 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes