Posts Tagged ‘住宅’

中古住宅の購入

新築の住宅という選択肢以外にも中古の住宅を選ぶこともできます。

実際に私の従兄は山形で住宅を建てることを考えていたのですが、色々と考える中で不動産物件のなかから中古住宅を購入するに至りました。

中古住宅は心理的に嫌だという人もいますが、中古住宅はそこまで悪いものではありません。

たまにひどい欠陥がある場合もないとは言い切れないのですが、しっかりと見極めるようにしましょう。

中古住宅を購入するときには不動産屋に行くことになることが多いです。

基本的に不動産屋に中古住宅の持ち主が売って欲しいということで媒介契約を結ぶのです。

それによって、不動産屋はその中古住宅をお客さんに紹介するのです。

中古住宅を購入するときには情報だけではわからないことも多いので、見に行くようにするのが早いでしょう。

中古住宅を購入するときはリフォームをすることがほとんどです、

そのため、リフォーム会社と話をつけておいて、一緒に見に行くようにするといいでしょう。

中古住宅を購入する前に簡単に見積もりをしてもらうこともできます。

細かい部分はわからないところもありますが、大まかな見積もりを出すことができます。

中古住宅を購入したらリフォームを開始することになりますが、リフォームにつきものの追加工事で追加費用が発生する可能性があるので注意しておくようにしましょう。

大分の不動産屋で中古住宅を購入した友人もリフォームしました。

事前に調査をしっかりとやって見積もりをしてくれたので、追加工事がでることがなかったということを言っていました。

こういったことをしっかりやってくれたり、説明をしっかりとしてくれるリフォーム会社に依頼するようにした方がいいでしょう。

住宅の断熱材

住宅には断熱材が必須となっていますが、断熱材とはどういう効果を持っているのでしょうか。

断熱材と聞くと夏の暑さを防ぐことができるといったようなものかと思うかもしれませんが、断熱材は冬の寒さなども防いでくれるのです。

断熱材があることで住宅の温度の変化を防いでくれるわけです。

断熱材にも種類があって有害な断熱材もあります。

自然の素材によって作られている断熱材もあり、どの断熱材を使うかをしっかりと考えるようにすることが大切です。

健康に影響のない断熱材や環境にやさしい断熱材を使うようにするのもいいでしょう。

断熱材を施工するときには住宅の外側に断熱材を施工する外断熱と内側に施工する内断熱があります。

内断熱が昔は一般的でしたが、今は外断熱もあります。

それぞれにメリットとデメリットがあります。

内断熱だと熱から外部の構造体が保護されませんが、外断熱だと外部の構造体を保護できます。

しかし外断熱の場合には内側で冷暖房を使用したときに、構造体まで範囲が及んでしまいます。

その点では内断熱のほうがいいということです。

どちらにするのがいいのかは使用用途によって変えるようにするといいのではないでしょうか。

佐賀で住宅を建てた親戚は内断熱にしたそうです。

住宅の断熱性能は断熱材だけで考えるものではありません。

気密性などによっても変わってきたりします。

他に窓ガラスを通した日差しや向き、サッシのサイズ、サッシに使われているガラスの種類などでも変わってきます。

断熱についても考慮した住宅にするといいのではないでしょうか。

住宅の間取りについて

住宅の間取りはとても重要な要素になってきます。

間取りを考えるときはレイアウトのことを優先して考えがちなのですが、それよりも大切な事があります。

住宅をなんのために購入するのかを良く考えてみてください。

オシャレな住宅でも生活をすることが最も優先されることです。

つまり、生活がしやすい住宅でなければいけないのです。

そのためには動線のことをしっかりと考えるようにしましょう。

動線というのは住宅の中での動きを線で表したものなのですが、あらかじめどのように生活をするのかを予測するようにしなければいけません。

特に家事をするときの動きをよく考えるようにしてください。

住宅で一番動くのは炊事や洗濯、掃除などだからです。

住宅が出来上がってからの変更というのはとても難しくなります。

新築の住宅をリフォームしなければいけないからです。

例えば洗濯機を一階に置いているが、洗濯物を干すためには二階のベランダに干さなければいけないかもしれません。

そうすると、動きまわらなければいけないようになります。

また配線のことも考えておくようにしましょう。

生活をしてみるとコンセントがほしい場所になかったということは結構あります。

これもあらかじめ生活を想定するようにしたほうがいいでしょう。

図面を見たりしながら、生活しているイメージを具体的に考えるようにしてみてください。

それによって、どこに何がいるのかが分かりやすくなってくるのではないでしょうか。

友人が新築を大分に建てたときは、こういったアドバイスを受けることができたので出来

あがってから困らなかったそうです。

結露のこと

結露がなぜ起こるのかを知っていますか。

空気中には水分が含まれているのです。

空気中に含むことのできる水分は温度によって変わってきます。

空気に水分が含まれている割合のことを湿度といいます。

結露というのは夏場に冷たいジュースなどをコップに注いだ時にコップの外側に水滴がついたりすることをいいます。

この結露は表面結露といって、目で見ることができる結露です。

コップに冷たいジュースを注ぐことによって、コップが冷やされます。

そのコップに空気が触れると空気の温度が下がります。

空気の温度が下がることによって、含むことのできる水分量が少なくなります。

その水分はコップの外側に水滴として付くことになるというわけです。

住宅で問題になるのはこの表面結露ではなく、内部結露といわれるものです。

内部結露というのは住宅の外壁と内壁の間に水滴がつくことをいいます。

この結露は見ることができないので内部結露といいます。

冬場に住宅内の空気が内壁を通って外壁に近づくと外壁は外の寒さによって冷やされているので水を含んだ空気が冷やされて水滴がつくことになります。

しかし水滴がついたことに気づくことはできないので、壁や断熱材が腐ったりしてしまう原因になってしまうわけです。

健康住宅を大分に建てた友人がいるのですが、木造なので比較的空気の通りがよく結露になりにくいそうです。

結露を防ぐためには部屋の空気の水蒸気量を増やさないようにしたりなどすることで対策を取ることもできます。

シックハウス症候群を防ぐ

住宅の建材などに含まれている有害な化学物質によって発症することのあるシックハウス症候群という病気があります。

シックハウス症候群にかからないようにするため、対策をする必要があります。

有害な化学物質は、住宅の空気を汚染していきます。

そのため、正常な空気に入れ替えなければいけません。

窓を開けたりすることで換気をすればいいのですが、有害な化学物質は夜も出続けています。

24時間窓を開けっ放しにすることは、防犯などを考えると難しい事だと思います。

そうなると、何らかの方法で換気をしなければいけません。

国が24時間換気システムを設置するように義務付けているので新築住宅には設置されるようになっています。

しかし、24時間換気システムを導入することなく、健康に生活することのできる住宅もあります。

そういった健康住宅を大分に建てた友人は、健康的な生活をすることができているようです。

とはいっても、多くの人はシックハウス症候群にかからないことが多いためシックハウス症候群になることを防げているのかはわからないそうです。

健康住宅と普通の住宅の違いは、化学物質が含まれている建材を使っているかどうかです。

一般的に使われる建材には、化学物質が含まれていることがほとんどです。

そのため、自然の中にある素材を材料にすることで化学物質を含む材料を極力使わないようにしているのです。

また住宅に置くための家具にも化学物質が含まれています。

気にするなら、家具も自然の素材で作られたものにしてはどうでしょうか。

住宅の構造

住宅の構造というのはとても重要なものです。

構造によって地震に対する強さなども異なってきますし、住宅がどのくらい持つのかなど住宅の性能に大きく関わってきます。

住宅の構造では、木造、軽量鉄骨造、鉄筋コンクリート造などがあります。

余談ですが、沖縄では台風の被害をできるだけ受けないようにするために鉄筋コンクリート造の住宅が多く建っています。

今は軽量鉄骨造や鉄筋コンクリート造の住宅も多くなってきてはいますが、木造の住宅も根強い人気があります。

木造住宅は修繕をすることがなければ、30年しか持たないといわれています。

しかし、修繕をすることで長く持つ住宅になります。

今は住宅を造るときに長期優良住宅の制度があります。

長期優良住宅の基準を満たした住宅には補助金が出るのです。

基準を満たすことでその住宅は50年以上長持ちする住宅ということになります。

そのために、通常よりもしっかりとした材料を使っています。

注文住宅を建てた友人も長期優良住宅の制度を使っていました。

建材を販売しているネット上のお店なども利用したそうです。

住宅会社は長期優良住宅を標準とした住宅造りを進めるようになっています。

住宅に住むときに大切な事はしっかりとした修繕をしてあげることです。

大切にしていけば、何十年、何百年と長持ちする住宅になっていきます。

住宅造りをするときは、長年大切に使おうと思えるような住宅を造り上げるようにしていきましょう。

どの構造もメリットがあるので、住宅に望んでいる構造にするようにしましょう。

リフォームのこと

住宅に住むうえで考慮に入れておかないといけないのがリフォームのことです。

リフォームをしないと住宅の寿命は30年ほどになってしまいます。

友人の一人もゆくゆくは実家に帰ろうと思っているそうですが、お父さんが建てた実家ももう40年近く経過しているので滋賀のリフォーム会社にリフォームをお願いしようかと考えているようです。

35年の住宅ローンを組んでいたとしたら住宅ローンを返済し終える前に住宅の寿命が終わってしまうのです。

それを避けるためにも住宅ローンの返済をしながらもリフォームをするために貯金をしておく必要があるのです。

住宅ローンの返済をしながら貯金をするのはかなり難しいことではあると思いますが、住宅ローンの借り入れをするときにはそれも考慮に入れた計画を立てるようにしておくといいでしょう。

リフォームと一口にいっても網戸を張り替えるといった簡単なものから外壁を塗装したり、大規模な増改築をしたりと規模や場所が違ったりします。

それぞれでリフォームをする期間の目安というものもあります。

ただしあくまでも目安なのでおかしいなと思った時にはリフォーム業者などに点検してもらうのもいいのではないでしょうか。

リフォーム業者とは長い付き合いになることも多いですので、信頼のおけるリフォーム業者を最初に見つけておくとそのあとが楽になってくるのではないでしょうか。

リフォームをするときに気をつけておきたいのが追加費用です。

追加費用というのはリフォームをしていく中で予想されていなかったことが起きていてそれを直すためにかかる費用のことです。

例えば壁を壊してみたら中が腐っていたということもあります。

そういうことがあるので追加費用がかかるのですが、中には何度も追加費用を請求されることもあります。

実際に必要なこともあるのでしょうが、だまされないように気をつけましょう。

リフォーム会社も集客にホームページを作ることが多くなったので比較してみるようにするといいでしょう。

大分の中古マンションをリフォームした友人もホームページでリフォーム会社を決めていました。

住宅の窓

住宅の生活に大きく関わってくるものとして窓があります。

窓はサッシと窓ガラスによって構成されていてどのサッシと窓ガラスにするかによって大きく違いがでてきます。

今サッシの主流になっているのはアルミサッシです。

アルミサッシはメリットが多いのですが、デメリットもないわけではありません。

アルミサッシのデメリットは断熱性が低いことにあります。

それによって結露が発生しやすく、住宅内の温度に影響を与えたりします。

結露はカビの発生や木材が腐ったりしてしまうことがあるので十分に注意することが大切です。

断熱性の高いのは樹脂サッシなのですが、樹脂サッシは耐久力が低いというデメリットがあります。

そのため、両方のいいところを合わせた複合サッシなどもあります。

外側をアルミにして内側を樹脂にした複合サッシがいいでしょう。

複合サッシは性能は高いですがその分値段も高くなります。

しかし、快適な生活を送りたいのなら複合サッシも考えてみるべきでしょう。

値段を考えるなら建材アウトレット品を購入するのも悪くないでしょう。

窓ガラスは複層ガラスなどを使用するのがいいでしょう。

複層ガラスにすることで断熱性を高くすることができたり、遮音性を高くすることができます。

生活面を考慮するとLow-Eの複層ガラスがいいでしょう。

窓ガラスを割られる防犯面にも考慮したいところです。

防犯用のガラスを使用するかまたは窓ガラスを保護するために防犯シャッターを用意するのがいいのではないでしょうか。

快適な生活を送ることのできる組み合わせを考慮しましょう。

工務店で集客できているところはこういったことのアドバイスなどもしっかりしていることが多いです。

二世帯住宅に住む

二世帯住宅も考えるようにするのが住宅造りをする時に必要なことです。

二世帯住宅では一緒に生活をしますから、お互いにストレスが溜まってしまうことが多くあるので敬遠されがちですが、メリットも多くあるのでうまく活用していくことが大切です。

二世帯住宅には生活をほとんど共にするタイプと生活を別々にしてプライバシーを確保するタイプとに分かれます。

生活を別々にするタイプにしたほうが、お互いにストレスが溜まることなく生活をしていきやすいです。

これからは夫婦が共働きをしていかないといけないことがさらに増えてくるでしょう。

そのときに子育てや家事をしていくことは大きな負担になります。

そういうときには家族での助けあいというものも必要なのではないでしょうか。

二世帯住宅にすることでお互いに助け合うことができます。

子どもを親に預けたりすることもできるので、子どもを保育園などに迎えに行くために仕事を抜けたりしなくても良くなったりするのです。

親が困っているときには助けてあげることもできるのです。

二世帯住宅を考えるときにはルールをしっかりと決めるようにしておきましょう。

ルールを作っておかないと、お互いに依存しすぎたりすることになってしまいます。

そうすると、どちらかの負担が大きくなってしまいます。

そうなると二世帯住宅のメリットがデメリットに変わるかもしれません。

品川区の一戸建て住宅に二世帯で住んでいる友人がいるのですが、生活はほとんど一緒ですがしっかりとしたルールを作っていることによって、仲良く生活することができているようです。

できるだけ相手の領域に踏み入らない配慮をすることも大切なのです。

大分でリフォームというか増築をして二世帯住宅にした友人もいます。

ハウスメーカーのこと

今回はハウスメーカーのことについて書いていきたいと思います。

ハウスメーカーは住宅展示場と呼ばれる場所にモデルハウスを持っています。ハウスメーカーで住宅を建てることを考えている場合にはこのモデルハウスを見学しにいくのがいいでしょう。各ハウスメーカーが力を入れて造ったモデルハウスなので参考になるはずです。ただし、モデルハウスは各ハウスメーカーがお客さんを獲得するために造っている豪華な住宅になります。オプション品などもたくさん使っていますので、同じような住宅を造ろうと考えるととても値段が高くなってしまいますので注意して下さい。

ハウスメーカーは全国規模の会社でCMによくでています。ですから、資金力や技術力は一番高いといえるでしょう。また、アフターケアの面でもサービスがしっかりしているハウスメーカーも多くあります。大分で注文住宅をと考えていた叔母もハウスメーカーに依頼しました。理由は、大きい会社に頼んだ方が失敗しにくいし、何かあった時にもたよることができるということでした。

ハウスメーカーのデメリットは値段が高いということです。この値段が高い理由として一般的にいわれているのは先程のモデルハウスやCMにかかったお金をお客さんが購入する住宅の価格に上乗せしているからだといわれています。

また、ハウスメーカーに依頼しても実際に施工を行う会社はそのハウスメーカーから仕事を請けている工務店になります。いろいろなハウスメーカーを見てみるのがいいでしょう。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes