Posts Tagged ‘キッチン’

キッチンスタイル

住宅のテイストが多様化する中、キッチンスタイルも多様化しています。住まいの中心をキッチンと考える家庭も少なくありません。LDKの中心に島のように存在するアイランド型キッチンも人気です。このキッチンであれば人が自然と集まり、キッチンが中心となる住まいになります。

最近一番人気のキッチンスタイルは対面式のフルオープンキッチンです。シンクから段差なくカウンターが伸びるフルオープンのキッチンは空間をよりスッキリと見せてくれます。見せるキッチンとして存在してくれるのです。広さや開放感が高まるこのキッチンスタイルですが、デメリットもあります。きれいに片付いている時は見せるキッチンとして存在するのですが、調理中や調理後の片付いていない時のキッチンもダイニングやリビングから丸見えになってしまうことです。

我が家のキッチンスタイルは対面式のセミオープンキッチンにしました。オープンキッチンのデメリットを解消してくれるスタイルです。キッチンに腰壁を設けてしっかりと手元を隠すのです。このようにすることでLDKの繋がりを感じながらも、手元部分はしっかり腰壁で隠せるので調理中でも調理後の片付いていないキッチンを、ダイニングやリビングから見られることはありません。

このキッチンは来客時にも便利です。全てが丸見えになることでお客様に生活感を感じさせてしまいます。しっかりと腰壁で隠すことで生活感を感じさせないキッチンとなるのです。またこの腰壁を利用してカウンターを設けたり、調味料入れニッチを設けることもできました。キッチンスタイルが多様化しているので、一番自分にぴったりのスタイルを取り入れ居心地のいいキッチンにしましょう。

オープンキッチンでの注意点

最近人気のスタイルである対面式のフルオープンスタイルのキッチン。
私の周りの新築住宅を建てたほとんどの友人がこのスタイルです。
我が家も新築住宅を建てることになりキッチンのスタイルはどうしようか迷っています。

人気の対面式フルオープンスタイルのキッチンに最初はしようと思っていました。
しかしこのキッチンのデメリットは手元が全て見えてしまうところです。
物を置いていない時は広さのあるカウンターまでフラットで開放感たっぷりでスッキリしたキッチンを思わせてくれるのですが、いざ生活し始めて作業スペースに調理に使った調理器具やお鍋、野菜などがあればキッチンのインテリアは台無しになってしまいます。
LDKに一体感をより感じさせてくれるキッチンスタイルであるのですが、キッチンを使用した後、見られたくないなと思う時はあるものです。

そこで私はキッチンカウンターより少し高いカウンター付き腰壁をキッチンの背面に設けようと思っています。
これを設けることでLDKの開放感はしっかり保ちながら、手元はしっかりと隠せるので調理後で少し物が散らばっているキッチンでも目に入りません。またこのようなスタイルにしておくと急な来客者が見えても汚れたキッチンを見せることがなくなり、お客様にもしっかり対応できるスタイルとも言えるのです。
キッチンは毎日炊事を行う場所で、女性の人はキッチンを重視して家造りをする人が多いと思います。
少しでも居心地がよく料理が楽しくなるキッチンを追求したいものです。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes