ペットと暮らす家

ペットを飼っている家庭も多いです。

ペットと言っても家族の一員のように大事に考えられており、家造りにおいては人にとってもペットにとっても共に暮らしやすい住まいを目指さなければいけません。

特に家の中で小型犬を飼っている家庭が多いのではないでしょうか。

家の中で犬を飼う場合、人と犬が互いに窮屈さを感じるような空間設計は避けましょう。

犬も自由にのびのびと動きまわれるように、壁や柱の少ないオープンな空間をつくることが大事です。

一体感のあるLDKの一角にペットの居場所となるペットコーナーを設けておきます。
そうすれば、来客時や食事の時には犬に寂しい思いをさせることなく、手軽に仕切ることができるのです。

犬と暮らす上で欠かせないのがシャンプーです。汚れはもちろんのこと、においやノミを防ぐためにも欠かせません。

しかし、これは人にとっては力仕事でつい面倒と感じてしまいがちなのです。少しでもシャンプーをラクに行えるようにしておくといいと思います。

小型犬であればペット対応洗面化粧台を設けておくといいでしょう。
シンクには専用のマットを敷けば犬の足が滑りにくく、腰をかがめることなくラクな姿勢でシャンプーができます。

さらに洗面室の壁には耐水性のある水廻りパネルを使用しておけば水拭きもしやすくお手入れが格段とラクになるのです。

そして、犬が滑りにくい床材、キズがつきにくい床材を使用しておくことや、玄関部分には散歩バックなどを収納するスペース、散歩後は足をスムーズに洗って室内へ入れるように立水栓を設けておいたり人とペットが共に暮らしやすい住まいを目指しましょう。

Comments are closed.

Copyright © 2019 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes