安全な浴室に

浴室は一日の身体についた汚れを落とす場所でもあるのですが、疲れを癒したり、リラックスする場所でもあると思います。しかし、この浴室では多くの事故が起きているのも事実です。滑って転んだり、浴槽で溺れるなどの事故が多い浴室は、家庭の中でも最も危険な場所の一つであることを忘れてはいけないのです。

まずは、滑りにくく衝撃を吸収してくれる床であるかを確認しましょう。浴室のつるつるとしたタイルの床で滑って転ぶと大きなケガをすることもあります。最近の浴室の床は、表面の凹凸を細かくすることで、濡れていても足が床面をピタッととらえ、滑りにくい形状になっています。万が一転んでも衝撃を吸収してくれるクッション性を持たせたものや、ひざを直接ついても痛くない柔らかい感触の床になっているのです。

そして、次に浴槽です。以前に多かった和式の浴槽は高さがある上に、床に置くタイプだったため、入浴時には足を高く上げてまたがなければなりませんでした。最近の浴槽は浅型の寝そべりやすい形状へと変化しており、また半埋め込み式となったことで、浴槽へのまたぎ部分の高さが低くなり、浴槽への出入りがスムーズになったのです。浴槽のまたぎ部分の高さは、低すぎても入りにくく、床から40センチ前後が適切な高さと言われています。この高さは、いったん浴槽に腰かけてから入浴操作に移れる高さでもあり、足腰の弱い高齢者や子どもでもスムーズで安全に入浴することができるのです。

浴室を設ける際には、床や浴槽に注目しておくのがポイントなのです。安全な浴室を設け、安心して入浴できる空間を目指しましょう。

Comments are closed.

Copyright © 2018 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes