オープンキッチン

間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが人気を高めています。オープンなキッチンにすることで誰でもキッチンに近寄りやすく、手伝いがしやすくなるのです。

オープンキッチンといっても形はさまざまです。I型と呼ばれるタイプのキッチンをリビングに向かって配置する対面型タイプが一番多く住宅に取り入れられています。他には、部屋の中央に島のようにキッチンを配置するアイランド型など色々な形があります。今までは壁付けキッチンが多く、リビングに背中を向けていたのですが、家族と向き合う形になることで、家事をしながらも家族と顔を合わせてコミュケーションをとることができ、コミュケーションが増えるだけでなく家事をより楽しみながら行えるのです。

また、キッチンに立って家事をしながらもリビングやリビングの先に設けてある和室にまで目線が届くことで、小さい子どもの様子も確認できるため安心して家事を行えるのです。このキッチンスタイルのデメリットは、お鍋や食器が乱雑に置かれた様子がリビングやダイニングから丸見えになってしまうことです。見た目にいいものではありませんし、急な来客時でもスムーズに対応しにくいのです。片付けをこまめにする習慣を身につけるか、片付けが苦手な人は、キッチンの前に腰壁を設けて気になる手元部分をしっかりと隠せるようなセミオープンキッチンにするのもいいと思います。

キッチンは家事を行う主婦にとっては非常に重要な空間となるだけに、家事やしやすく、居心地のいい空間にしておきたいものです。

Comments are closed.

Copyright © 2018 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes