キッズスペース

マイホームは、つい大人目線が重視されがちです。しかし、子どもにとっても居心地が良い空間を目指したいものです。そこで家族が長時間ともに過ごすLDKの一角にキッズスペースを設けてみてはいかがでしょうか。

リビングとキッズスペースの境には程よい高さの壁で空間を緩やかに区切ります。リビングからの視線を緩やかに遮ることができ、子どもは思い切りおもちゃを広げて遊ぶことができます。リビングからの視線は緩やかにカットしながらも、家事を行うママからの視線は確保しておきましょう。キッチンからキッズスペースにしっかりと目が行き届くことで家事と育児の両立がしやすく、ママも安心できますし、子どものママの顔を見えることで安心して遊びに集中できるのです。

このキッズスペースを長期的に利用できるように、また子どもが利用しない時や子どもが利用しなくなった後でも有効に利用できるようにしておくのもポイントです。そこでカウンターとリビングとの境に設けた壁を利用して壁面収納を設けておきます。作業カウンターと収納スペースをあらかじめ作りつけておくことで、限られたスペースに家具を設置する必要がなくなり、スペースを有効活用しやすくなります。子どもが成長すればカウンターを利用して勉強をするスタディーコーナーとして利用できます。

壁面収納にはおもちゃだけでなく、勉強道具やランドセルなどを置けるようにするのです。リビングからは見えない収納スペースなのでこれらの物を収納していても目に触れることがなく、生活感を感じさせにくいのです。子どもが使用しない時はママが家事を行う家事スペースとして利用したり、パソコンスペースとしてなど長期的に利用できます。これなら子どもにとっても大人にとっても便利な空間となりそうですね。

Comments are closed.

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes