注文住宅と建売住宅

我が家の新居は注文住宅で家を建てました。注文住宅のいいところは、間取りや設備、建物の構造や断熱材など全て自分達の希望に沿ったものを取り入れることができることです。着工前から竣工までの全ての過程を細かくチェックすることができ、一から造り上げていく工程をいつもそばで見届けることができ、安心感が得られました。また、完成した時の達成感や満足感の高いものがあります。

しかし、その反面で設計や見積もりなどにおいて打ち合わせも多く、かなりの時間を要してしまします。そして、仕上がりがあくまでもイメージでしかないことです。完成してイメージと違うといってトラブルになることも多いのです。工事や設計の変更などで追加費用が発生しやすく、予算オーバーになりがちなのも気をつけなければなりません。

建売住宅は、売主業者のプランで建てられた住宅を、敷地と一緒に購入することができます。土地を探す手間が省けますし、建物が完成している場合が多く、間取りや設備、内装などあらかじめチェックできるため暮らしがイメージしやすいのです。
注文住宅とは違い、打ち合わせなどで時間を取られることが少なく、仕事で忙しい家庭でもスムーズに購入することができるという魅力もあります。

また、規格化された住宅が多いため、建築コストを安く抑えることができるため価格の安さも魅力的です。しかしその一方で、間取りや設備など自由度が全くないことが不満点です。そして、建築の様子を確認することが困難であるため、しっかりとした工事が行われているかというのが不安点とも言えるのでしょう。どちらにもメリット・デメリットがあるだけに自分達が合っている方を選択して最高のマイホームを手に入れたいものです。

Comments are closed.

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes