リビング階段

最近リビング内に階段を設けるリビング階段が住宅で多く取り入れられています。今までは玄関の近くに階段は設けられていました。リビング階段が人気を高めている理由の一つは、家族のコミュニケーションを大事にできることです。家族の集まるリビングを必ず通らないと子ども達は二階の自分の部屋には行くことができません。リビングで顔を合わせることで自然とコミュニケーションも生まれやすくなりますし、親も子どもの表情を伺うことができるためちょっとした変化にも気づいてあげやすくなるのです。

リビング階段でなければ、二階の自分の部屋に直接行く気できるため、いつ帰宅したのか分からない時や、知らない間に外出していたということも起きうるのです。リビング階段にすることで子どもが犯罪に手を染める率を下げているというデータもあるのです。家族のコミュニケーションの大切や変化に迅速に対応するには顔を合わすことが大切であることを改めて感じさせられます。

リビング階段のデメリットとして挙げられることは、冷暖房効率を下げたり、二階の冷気が一階に流れ込むということです。友人の一人は階段の入り口にロールスクリーンを設けて、二階の冷気が流れ込まないように対策をしている人もいます。これは住宅自体の断熱性や熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性と関わってきます。これらの断熱性が低いと冷暖房効率を下げてしまいますし、冷気の流れ込みが気になるのです。しかしこれらの断熱性をしっかりと高めておけば、冷暖房効率を下げたり、冷気の流れ込みを気にすることはないのです。リビング階段を設ける際には、魅力を最大限に感じられるようにしっかりと断熱性にも注目して家造りをしましょう。

Comments are closed.

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes