家事への負担を少なくする家

家事は女性にとってずっと続くものです。私は現在専業主婦で、家事に育児にと毎日がアッという間に過ぎていきます。育児はしばらくすれば落ち着きをみせるのですが、家事は自分が高齢になった時も続きます。また毎日のことなので、できるだけ家事への負担を感じることなく、円滑に家事を行える環境を整えておきたいものです。

家事の効率を高めるには間取りが大きく影響してきます。例えば一日三度の食事。食事の度にダイニングに配膳を行います。調理するキッチンと食事をするダイニングを隣り合う形にすることで、配膳がしやすく、また後片付けもしやすく便利な配置となるのです。配膳が横移動だけなのでスムーズに行えますし、動線も短いので効率も高まります。

また家族にとってもキッチンの存在をより身近に感じられるようになると思います。キッチンの存在をより身近に感じることで、配膳の準備や後片付けなど積極的にお手伝いするようにもなると思います。互いの顔が見やすいスタイルであるだけに、家族とのコミュニケーションも取りやすくなるでしょう。

またキッチンと洗面室の動線にも配慮する必要があります。キッチンで家事をしながら洗面室で別の家事を行うこともよくあります。キッチンと洗面室への行き来も動線を短く、そしてスムーズさも確保しておきましょう。ついついLDKの広さを優先してしまい洗面室などは後回しになりがちになってしまいますが、毎日家事を行う場所であるだけに広さや収納スペースをしっかり確保しておくことで大きく快適性も変わってくるのです。円滑に家事を行えないとストレスに変わってきます。家事への負担を少なくできる家にしておいたいものです。

Comments are closed.

Copyright © 2019 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes