Archive for 1月, 2018

ロフト収納

我が家の子ども部屋にはロフト収納を設けました。子どもが小さいこともあり、それぞれの個室を設けるのではなく、広々ワンルームの子ども部屋を設け、将来的に個室が必要となった時にワンルームを二つの個室に区切れるようにしました。個室になった時に狭さや圧迫感を感じないように勾配天井にしたのです。天井が高いことで個室になった際も閉鎖的な印象になるのを払拭できますし、この天井高を活かしてロフト収納を設けることもできています。

子どもの成長と共に物も増えていきます。しかし、子どもが成長することで個室を必要とします。物は増えていくが、空間は個室になることで狭くなるためこの矛盾を解消するためにロフト収納を設けたのです。捨てられない物や季節ものの用品をしまうには最適です。今はまだ収納するものが少ないため子ども達の絶好の遊び場となっています。

私の友人宅にもロフトが設けられていました。広々とゆとりのあるロフトは収納スペースとしてだけでなく、旦那さんの書斎スペースとしても利用していました。ここをウォークインクローゼットとして利用しており、明かり取りの小窓は衣類が日焼けしないように足元に配置していました。

衣類の管理がしやすくなっただけでなく、旦那さんが以前から希望していた書斎スペースを実現できているのです。休日は一人でここにこもって漫画を読んだり、音楽を聴きながらリラックスしたり、親子で昼寝をしたりプライベートな空間としても活躍しているのです。天井裏というデッドスペースも無駄にせず有効的に活用させたいものです。

Copyright © 2018 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes