Archive for 11月, 2016

寝室に書斎スペース

私の主人が住宅に希望したことの一つが、書斎スペースが欲しい!ということでした。スペース的に余裕があれば完全個室の書斎室が理想的だったのですが、スペース的に余裕がなく寝室の一角に書斎スペースを設ける形にしました。寝室と書斎スペースは程よい一体感を得ながらも、それぞれが独立した空間となるように腰壁で空間を区切りました。

そして寝室から一段高さを設けてスキップフロアにしたのです。空間的な繋がりと独立感どちらも得られています。書斎スペースからの視線と寝室からの視線は緩やかにカットできているのでどちらの空間で過ごしていても独立した時間が流れ、書斎スペースでは個室にいるような感覚にもなるのです。

我が家にはまだ小さな子どもがいるため寝室で家族みんなで寝ています。私は子ども達を寝かせつけて、その後ゆっくりテレビを見たり、ベッドで読書をしたり、主人は書斎スペースで仕事をしたり、趣味の漫画やパソコンをしています。主人のために設けたスペースですが、主人が使用しない時は私が使用することも多いです。程よいこもり感が落ち着きやすく、お肌のナイトケアをしたり、ネットショッピングをしたり寝室という一室でいろいろな楽しみ方ができています。

寝室というと今まではただ寝るだけの空間でしたが、書斎スペースを設けたことでセカンドリビングのような空間が広がり寝室で過ごす時間が増えました。我が家は独立した書斎スペースよりもスペースの一角を活用する書斎スペースを設けて良かったと思っています。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes