Archive for 8月, 2016

和室を多目的に使用しよう

我が家の新居に設けた和室はより多目的に使用できることを重視しました。そこで取り入れたのは和室を回遊型動線にして、2方向から行き来ができるようにしたのです。最近では、リビングに隣接した和室が人気です。リビングとの繋がりを作ることで、リビングにより広さや開放感がプラスされます。

また、リビングの延長として和室を多目的に使用することができるのです。子どもが遊ぶスペースや昼寝のスペースとして使用しても、キッチンで家事をしながら子ども達の様子が伺えることで、家事と育児の両立がしやすくなります。洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり家事を行うスペースとして利用することもできます。

今までの和室の活用法で多かったのは、客間としてや、宿泊ルームとしてです。我が家は、客間や宿泊ルームとしても活用できるように、玄関から直接和室へ行ける動線を設けたのです。和室とリビングとの境に設けた建具で区切っておけば、和室を独立した客間として利用できるのです。生活観あふれるリビングを見られたくないお客様が来た場合に客間があると便利です。関係のない家族も今まで通りゆったりとリビングで過ごすことができるのです。建具で全て仕切ってしまえば、完全個室にもなるので宿泊ルームとしてももちろん使用できます。

生活のシーンに合わせていろいろな活用法ができる和室があると非常に便利です。最近では、住宅の洋風化が進み和室が数を減らしている現状もありますが、日本人であるならばいつまでも大切にした一室にもなるのではないでしょうか。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes