Archive for 3月, 2016

和室

我々日本人にとって和室というのはくつろげて、無くてはならない空間ではないでしょうか。しかし近年では、住宅の洋風化が進み、日本の住宅に和室が一室もないという住宅も珍しいことではないのです。しかし私はこの和の空間を大事にしたいと思っています。和室をどこに設けるかというのが、家造りの一つのポイントでもあります。

以前は、玄関の近くに独立した和室を設け、客間として利用されていました。しかし最近では、リビングを広めに確保して、その一部分を和室にしたり、リビングの延長上に和室を設けてリビングと繋がった和室が人気となっています。このような和室にすることで、和室を普段使いできる便利な空間として利用できます。

また建具で仕切れば和室を個室として利用することもでき、いろいろなシーンで活躍してくれるのです。しかし時にはリビングを見られたくないお客様が訪れる場合もあります。このような時は客間があると重宝します。そこで普段はリビングの延長として多目的に使用する和室として利用し、いざという時は、リビングとの間の建具で仕切り、そして玄関から直接和室へ行き来できる動線を確保しておくとより和室の使い勝手の幅を広げてくれるのです。これならリビングを見られることなくお客様をお通しすることができます。

和室をどのように利用するかで間取りが変わってきます。和室への動線にも配慮することでより充実した空間が広がるのです。暮らしにぴったりの和室にして小さい子どもから高齢者まで居心地のいい空間にしましょう。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes