Archive for 12月, 2015

畳コーナーに書斎スペース

私は自宅でパソコンを使い仕事をしています。また主人の住宅への要望は書斎スペースを設けることでした。パソコンを集中して行え、尚且つ主人の希望を叶えるべく、畳のある和室に書斎スペースを設けたのです。ここのポイントの一つが、掘り込みカウンターであることです。

まず和室はリビング内の一角に設けました。この和室はリビングとの空間とメリハリを付けるため小上がりにして段差を付けました。この段差を活かして掘り込みカウンターを設けて、ここで作業する時はゆったりと足を伸ばせてより快適な空間を造り出したのです。休憩したい時はそのままゴロンと体を倒して横になることもできます。これは和室の魅力を活かした書斎スペースとなっています。

ここで主人が何か作業をしている時にも、キッチンで家事をする私の気配を感じにくいように、またリビングで遊ぶ子ども達を邪魔に感じにくいように和室の境界部分に化粧梁を5本設けました。キッチンからの視線を緩やかにカットでき、また子どもの遊んでいる様子に気が散ることもありません。いざという時には建具で仕切って完全個室の和室を造り出すこともできます。カウンターの横には仕事の書類やパソコンを使用するのでパソコン関連用品を収納できるスペースを設けました。仕事中はオープンにしておき、サッと必要な物を取り出せるように、そしてくつろぐスペースとして和室を使用する時は扉で収納しているものが見えないようにできるようにしました。

小上がりにしたことで畳下に収納スペースを設けることもできました。主人は書斎スペースに満足していますし、私もパソコンで仕事をしやすい環境が整い満足しています。和室をこのように活用させるのもいいのではないでしょうか。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes