Archive for 8月, 2015

アウトドアリビングを楽しむ家

我が家の新築住宅にはリビングに面してウッドデッキを設けました。横幅のあるウッドデッキには奥行も確保しました。リビングには大開口の窓を設置し、ウッドデッキへの行き来をしやすく、また室内の開放感も増すことができます。

我が家はリビングの延長線上に和室を設けています。この和室からもウッドデッキへ行き来できるようにしました。回遊型のウッドデッキはアウトドアリビングを満喫できる家になっています。ここのテーブルやイスを置き、リビングの延長として過ごすのです。気候のいい時期にはここで食事をしたり、ママ友とお茶をしたり、夫婦で晩酌をしたりと楽しみ方の幅を広げることができます。ウッドデッキの上には同サイズのバルコニーが設けられています。これがウッドデッキの屋根代わりにもなってくれるので、強い日差しをカットしてくれ、急な雨の時でもしっかりと対応できるのです。

アウトドアリビングを設ける時のポイントとして、リビングとウッドデッキとの境にできる段差をなるべくなくすようにすることです。段差がないことで行き来がしやすく、また小さい子どもから足腰の弱った高齢者まで安心して移動が行えます。移動のしやすさはいつまでもアウトドアリビングの空間を大切にすることにも繋がるのです。暖かい日射しを浴び、心地よい風を肌で感じ、庭の景観を楽しみながら過ごせるアウトドアリビングは自然と隣り合わせの特別な空間です。また室内と庭を繋ぐ役目も果たしてくれることでしょう。室内だけでなくアウトドアリビングを楽しめる家にしてみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes