Archive for 5月, 2015

小上がりの和室

私は現在戸建ての賃貸住宅に住んでいるのですが全室フローリングで和室がありません。結婚前までは実家で生活していたのですが、和室のリビングで畳の生活に慣れていました。それだけに和室のない今の住宅に少々抵抗を感じていました。

そんな我が家も新築住宅を建てることになりました。この住宅ではリビングと繋がった和室を設けることにしました。フローリングとの調和を考え和室を小上がりにしました。小上がりにすることで魅力も増えます。洋風のリビングとの境を緩やかにつけることができます。違和感なく和室が存在するのです。

また段差があることでちょっと腰を下ろすにも最適です。家事の合間にサッと腰を下ろしてそのままゴロンと横になれる和室があるとリラックスできます。段差があることで横になっていても立ち上がりやすくなるので、家事への取り掛かりもスムーズです。

また畳下のデッドスペースを活用して収納スペースを設けることができます。リビングに繋がった和室ということもあり、人が集まる場所なだけに物も必然的に増えるものです。物が散らかると快適性を損なってしまいます。居心地がよく快適性の高いリビングや和室を求めるのであれば収納スペースはより多い方がいいです。畳下にできるデッドスペースを有効活用できるこの和室スタイルはいいなと思っています。

和室のあり方は住宅のテイストが多様化しているので、和室のスタイルも多様化しています。その中で自分のライフスタイルに合わせた和室スタイルを選びたいものですね。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes