Archive for 12月, 2014

これだけはやっておきたい!日頃の定期点検のポイント

通常住宅の完成後5年から10年程度で行うのが「定期点検」ですが、これは施工した業者によっても内容はさまざま、中には自分自身で点検を行わなければいけないという方もいるようです。住宅をより長く快適なものにするために欠かすことのできない定期点検ではありますが、点検結果次第では重大な問題が発覚し大規模な工事をしなければいけない・・・なんてこともあるかもしれませんからドキドキしますよね。

配電や設備、建物の構造などなど、本格的な住まいの定期点検を行うのは最大10年スパンと言われていますが実際には5年程度の短い間隔で行う方がリスクは少ないとは言われています。というのも、できるだけ早く発見すればするほど、コストを安く抑えて効果的な修繕や修理を行えるからです。万が一、定期点検において欠陥が見つかった場合は出来るだけ早く修繕・修理の対応をするというは鉄則ですが日頃から「メンテナンス」を意識した簡単な点検を心がけるという事もお忘れなく。

日頃からできる住宅の点検として、かならずやっておいてほしいのが屋根・外装の簡単なチェックです。台風や大雨などの際、最も被害が大きいのが外装であることは言うまでもありませんが、普段は目にすることのほとんどない外装や屋根などは、雨漏りをしていないかどうか、損傷や破損個所が無いかどうかを目視で確認するだけでもかなりの効果があると言われています。雨漏りに関しては「室内に水滴が落ちてくる」と言うような被害だけでなく、柱などの構造部分を腐らせてしまうような深刻なダメージを引き起こす原因になるので、「後でまとめて工事を」と先延ばしにせず早急に対応するようにしましょう。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes