Archive for 10月, 2014

シューズクローク

最近住宅を建てる人の中のほとんどの人が玄関に靴箱を設けるのではなく、玄関横にシューズクロークを設けています。
住宅だけでなくマンションの玄関においてもシューズクロークが設けられているのです。
玄関スペースをより広々とスッキリさせるためには玄関横に収納力を発揮してくれるシューズクロークが必要なのです。

私は玄関スペースよりもこのシューズクロークを整えることで住宅への満足度が高くなると思います。
玄関に家族の靴が散らばり、お客様が来た時慌てて靴箱にしまいこむという経験はありませんか。
シューズクロークを充実させることで家族それぞれが自分の靴を自分で取り出しなおすようになると思います。

またシューズクロークは靴だけを収納する場所ではないのです。
広々としたシューズクロークを設けることでベビーカーや子どもの外での遊び道具や旦那さんの趣味道具まですっきり収納できるのです。
玄関横に設けられていることで外出時や帰宅時必要な物をスムーズに出し入れできるのも大きな魅力です。
夜でも収納している物が分かるように照明を設置したり、湿気がこもらないように換気の対策をしっかり取ることでカビの発生も抑えられ、快適な収納スペースとなるのです。
シューズクロークからも室内へ入れるような造りをすることで、家族用と来客者用と玄関を使い分けることができます。
そうすることで来客者用の玄関は常にきれいで、家族が自分の靴を出し入れする習慣がより身に付くようになりそうですね。

市街地に二世帯住宅

市街地の限られた面積の土地に、二世帯住宅を建てるとなると、とても大変です。親世帯と子世帯のプライベートを守りながらも、できるだけ、自然に交流できたら、理想なのですが、これが案外難しいです。限られた敷地面積ということで、2階建でなく、3階建にする場合も増えてきました。また、LDKの日当たりや風通しを確保するために、3階建にし、3階にLDKを設けることもあります。家族皆が、若く、元気である場合は、2階建でも、3階建でも、そんなに問題もなく、むしろ、住宅密集地の中で、開放感を得ることができます。

私の妹が御主人の両親と二世帯住宅を建てようと思った場所は、市街地の住宅密集地でした。両親が住んでいた住まいを二世帯住宅に建て替える形になりました。そのため、二世帯が住むというのには、充分な広さとは言えません。そこで、3階建を建てて、1階は、ビルトインガレージと玄関とシューズクロークと納戸を作ります。2階に子世帯のプライベートルームとプライベートリビングとミニキッチンを設置し、3階に共有のLDKとバスルームと洗面脱衣所と両親のプライベートルームを作りました。3階にLDKを作ることで、かなり開放感があります。

その隣に両親のプライベートルームを設けたことで、静かな環境を保証することができました。現在、若く、元気であるので、3階までの階段を利用して、生活していくことに、問題もありません。これから、両親が年齢を重ねても、動線がスムーズにいくようにするために、コンパクトなホームエレベーターを設置しました。5年後、子ども達が大学へ進学して、家族は4人になりました。5年という月日が経ってみると、今、3階にしなくても、2階で充分だったのではないかと思います。ホームエレベーターは、どうしても、維持費や点検費用が掛かりますので、もう少し、考えたら良かったと思いました。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes