Archive for 3月, 2013

請負契約書

 友人の話です。

 「請負契約書をファックスしてもらえますか?」今回、家を売るに当たり、仲介してもらっている不動産屋さんからの電話です。

請負契約書?もしかしてそれって家を建ててもらったときに建築会社さんとの間で交わしたかも?その頃はこんなにも大切な書類だとは全く頭になく、転勤・転勤・・・で色んな場所を渡り歩いている間に紛失してしまったようです。もしかしたら自ら捨ててしまったのかもしれません。この年齢になってみるとわかるのですが、「契約書」と書かれている書類は絶対に無くしたりしたらいけないのです。

 何に使用するものなのか聞いてみると、中古住宅なので、売買代金の算定にあたり新築した時の住宅の値段はいくらであったかを証明することに使うらしいのです。税務署につっつかれないようにしっかりとした値段の証明が必要なのだそうです。どうしたものか?と頭をくるくるめぐらして考えた挙句、家を建ててもらった施工業者さんに連絡を取りました。そこの息子さんと知り合いだったので、そちらで契約書を保管してないだろうかと聞いてみたのですが・・その会社は数年前にやめており、過去5年分くらいまでの書類しか保管していないとの答えでした。

他に方法はないものかと仲介業者さんと考えた挙句に、住宅ローン控除の紙!税務署から来ている「給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書」です。控除期間の途中で転勤により引っ越したためにもらえなくなったあの書類です。確かにあれには家を建てたときの価格がしっかり記載されています。10年以上捨てられずにこれだけは持っていました。もらえなかったという悔しさもあり捨てることが出来なかったのでしょう。引っ越し・引っ越し・・にずっとついてきたこの書類、とても役に立つやつでした。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes