Archive for 9月, 2011

土地選びのポイント

注文住宅を建てるときには土地選びをすることになりますが、そのようなときの土地選びのポイントについて書いていきます。

以前土地探しと書きましたが、土地選びをするようにしたほうが土地探しをするよりも気持ちが楽になると思います。

土地を購入するときには不動産会社か工務店も集客のためなどに手伝ってくれることもあるのでどちらかにすることが多いです。

土地探しと土地選びの違いですが、土地を探すということは気に入る土地が出てくるまで探し続けるということです。

そうなると何か月、何年と気に入る土地が出てくるまで探すことになるかもしれません。

それと比べると土地選びなら今ある土地の中から土地を選ぶという考えになります。

つまり今ある土地の中から、自分の理想に近い土地を選ぶということです。

理想の土地がタイミングよく売り出されているということはあまり多いことではありません。

それなら、自分が土地に求めている条件を整理して優先順位をつけていくことによって今ある土地の中でも理想に近い土地を選んだほうがいいのではないかということです。

土地に求めるポイントとして周辺の環境と土地の状態がよくあります。

土地の状態は以前にも書いたように地盤のことなどがあります。

地盤や建築基準法のことを考えながら選んでいきましょう。

周辺の環境のことを一番に考える人が多いですが、環境は年月によっても変化していきます。

栄えていた場所が廃れることも少なくありません。

私の友人に大分の土地で隣家の騒音に悩まされていた人がいましたが、時間が解決してくれました。

考えることも大切なのですが、決めるときには思い切って決めてみても案外悪い結果にはならないものです。

いい土地選びをしていきましょう。

リフォームのこと

住宅に住むうえで考慮に入れておかないといけないのがリフォームのことです。

リフォームをしないと住宅の寿命は30年ほどになってしまいます。

友人の一人もゆくゆくは実家に帰ろうと思っているそうですが、お父さんが建てた実家ももう40年近く経過しているので滋賀のリフォーム会社にリフォームをお願いしようかと考えているようです。

35年の住宅ローンを組んでいたとしたら住宅ローンを返済し終える前に住宅の寿命が終わってしまうのです。

それを避けるためにも住宅ローンの返済をしながらもリフォームをするために貯金をしておく必要があるのです。

住宅ローンの返済をしながら貯金をするのはかなり難しいことではあると思いますが、住宅ローンの借り入れをするときにはそれも考慮に入れた計画を立てるようにしておくといいでしょう。

リフォームと一口にいっても網戸を張り替えるといった簡単なものから外壁を塗装したり、大規模な増改築をしたりと規模や場所が違ったりします。

それぞれでリフォームをする期間の目安というものもあります。

ただしあくまでも目安なのでおかしいなと思った時にはリフォーム業者などに点検してもらうのもいいのではないでしょうか。

リフォーム業者とは長い付き合いになることも多いですので、信頼のおけるリフォーム業者を最初に見つけておくとそのあとが楽になってくるのではないでしょうか。

リフォームをするときに気をつけておきたいのが追加費用です。

追加費用というのはリフォームをしていく中で予想されていなかったことが起きていてそれを直すためにかかる費用のことです。

例えば壁を壊してみたら中が腐っていたということもあります。

そういうことがあるので追加費用がかかるのですが、中には何度も追加費用を請求されることもあります。

実際に必要なこともあるのでしょうが、だまされないように気をつけましょう。

リフォーム会社も集客にホームページを作ることが多くなったので比較してみるようにするといいでしょう。

大分の中古マンションをリフォームした友人もホームページでリフォーム会社を決めていました。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes