Archive for 7月, 2011

住宅を建てる基盤

土地には地盤があります。

地盤の強度によって住宅を建てても大丈夫なのかが決まるのですが、地盤の強度を調べるためにはお金が必要になってきます。

なぜなら地盤の状況を調査しなければいけないからです。

自分で判断することが出来ればいいのですが、そういうわけにもいかないので専門家に依頼することになります。

調査に使われる手法によって金額や調査の正確度が変わってきます。

一番よく使われている主流な方法はスウェーデン式サウンディング方式です。

スウェーデン式サウンディング方式は安価で調査をすることができるので好まれているのです。

弱い地盤は軟弱地盤といわれています。

調査の結果、軟弱地盤なら地盤改良をするのですが、地盤改良にも軟弱地盤の深さにより工事手法が異なります。

100万円以上地盤改良にかかることがあります。

自分が気に入っている土地でないと地盤改良をしたくないと思います。

土地探しのときは出来る限り妥協をせずに探すようにしていったほうがいいでしょう。

熊本で住宅を建てることになった友人が土地探しをしているのですが、想像していた以上に探すのに苦労しているようです。

しかし諦めることなく探し続けるそうです。

自分が欲しい時に限ってないんだよなとはボヤいていましたが。

土地を購入した後にする地盤調査の結果で、軟弱地盤だとわかることがよくあります。

地盤改良費用として自己資金を多く用意しておくのもいいのではないかと思います。

住宅造りの基盤になる土地は大切です。

自分が住みたい土地に住めるように探していきましょう。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes