Archive for 12月, 2010

住宅ローンの金利のこと

住宅ローンには金利があります。今回はその金利について書いていきたいと思います。

住宅ローンの金利には2種類があります。それは固定金利と変動金利です。

一定の期間は固定金利でその期間がおわったあとは固定金利と変動金利かを選び、選ばなかったら変動金利に変更されるプランもあるのですが、固定金利と変動金利の組み合わせですので種類に入れていません。

固定金利の説明をしていきたいと思います。固定金利は返すお金の金利が事前に決まっているということなので、返済期間中に返すための必要な金額がわかるということです。返す金額がわかっているということは返済計画を事前に考えておくことによって、急に値段が上がったりすることもなく安定して返済することができるわけです。最初は固定金利の金利は変動金利の金利よりも高くなります。この固定金利の住宅ローンの中で人気なのがフラット35と呼ばれる住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して行っている住宅ローンとなっています。長期間の返済の時には一般的には固定金利の住宅ローンを借りるのがいいといわれています。

変動金利の説明をします。変動金利は金利が変動するということです。金利が上がったり下がったりするわけです。金利は景気などに影響されて変化します。金利があがると返済が厳しくなるので、リスクが高い金利になっています。そのため初期の金利が固定金利よりも低くなっているのが特徴です。一般的に短期間で住宅ローンを返せる時に向いているといわれています。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes