Archive for 10月, 2010

住宅ローンの借り入れ

注文住宅や建売住宅やマンションなどを購入するときには住宅ローンを借り入れするのが一般的です。住宅ローンとは住宅を購入するのに必要なお金を金融機関が貸してくれるもので、借りたお金を返済していくことになります。住宅ローンで借りるお金は大金なので一般的に長期間返していくお金になります。そのため、よく考えてから借りる必要があります。

住宅ローンを借りるためにはまず申し込みをする必要があります。そのあとに審査をうけて、その審査に合格することができて住宅ローンを借りることができるようになります。

今の住宅ローンでは、住宅にかかる費用の100%を借りることができるようになっています。前は80%までしか借りることができないのが普通でした。段々と便利になってきてはいますが、100%借りるのは控えるようにした方がいいでしょう。

その理由は返済が大変になるケースが多くあるからです。今の時代は収入もなかなか安定することもありませんし、いきなりリストラされてしまうこともあります。それを考えると長期間の住宅ローンで100%借りてしまうのはリスクが大きいといえます。一般的にも20~30%の自己資金を用意しておいたほうがいいといわれています。借り入れするお金の額にもよるのですが、借りるお金が20%違うだけでも返済する総額は何百万円とかわってきます。そのため自己資金はできるだけ多くしたほうがよいです。自己資金が足りていない場合は今から貯めてそのあとに購入を考えてみてもいいのではないでしょうか。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes