Archive for 8月, 2010

賃貸のアパート・マンションを借りるとき

アパート、マンション、一戸建てなどの住まいに関することを書いていきます。

今回は賃貸のアパートやマンションを借りる時のことを書いていきたいと思います。

子供時代は父親の転勤が多く、アパートを転々としていました。佐賀に行ったり三重や大阪などで過ごしました。

アパートやマンションを借りる時には入居する前に支払わなければいけないお金があります。それを最初にかかる費用ということで初期費用と呼んだりします。

その初期費用について書きます。初期費用には家賃の6ヶ月分が必要だといわれています。その内訳は敷金、礼金、仲介手数料、前家賃などになっています。

敷金とはアパートやマンションを借りる時に大家さんに預けるお金です。このお金は通常の生活を送っていれば戻ってくるお金です。どういったときに使われるのかというとアパートやマンション内の部屋の壁や床または設備などを壊してしまった場合です。他に家賃を支払わずに出て行ったりした場合です。このお金を預かっておかないと大家さんのほうとしても不安なわけです。敷金は家賃の2~3ヶ月分ぐらいです。地域によって敷金の相場がかなり違うところもあるみたいです。

礼金は家賃の1ヶ月分ぐらいが必要で、大家さんに感謝の気持ちで渡すお金で昔からの風習で続いているらしいです。最近は礼金が無料の物件も増えてきています。

仲介手数料は大家さんと借り主とを仲介した不動産会社に払うお金です。家賃の1ヶ月分ぐらいが必要です。

前家賃は入居月の家賃を支払っておくものです。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes