Archive for the ‘住宅ローン’ Category

住宅ローンの借り換えや繰上げ返済

住宅を建てるために昔住宅ローンを借りたのだけれども段階金利の住宅ローンを組んだりしてしまって低金利の期間が終わってしまい返済が大変になっているということもあるのではないでしょうか。

そのような場合には住宅ローンの借り換えをすることによって、返済額を少なくしたりや返済期間を短くしたりなどすることができるのです。

住宅ローンの借り換えの方法としては新規に住宅ローンの申し込みをするのとほとんど変わりはありません。

借り換え用の住宅ローンなども用意されているのでそういったものを利用してみてもいいかもしれません。

もし返済額を少なくしたりや返済期間を短くしたりすることができるのであれば住宅ローンの借り換えを検討してみてはどうでしょうか。

古くからの友人が埼玉に注文住宅を建てたときに住宅ローンを借りたのですが、返済がきつくなって借り換えを考えていたそうです。実際に借り換えたのですがそれによって返済をするのが楽になってよかったと言っていました。

住宅ローンには繰上返済というものもあります。

繰上返済とは住宅ローンの返済を毎月の返済とは別にすることです。この繰上げ返済をうまく使うことで返済期間の短縮などをすることができます。

繰り上げ返済をするためには金融機関によってルールがあります。例えば返済する金額は最低限100万円以上などのルールです。

繰り上げ返済をうまく利用することで返済が楽になるようにしてみるといいのではないでしょうか。

友人は早めに返済して公団流し台をシステムキッチンにしたいそうです。

フラット35のこと

長期固定金利住宅ローンで人気があるフラット35のことを書いていきたいと思います。

東京にいる友人も品川区に戸建てを買うということでフラット35を利用して買いました。

フラット35は35年間のローンを組むことができます。35年間組まないといけないわけではありません。最長で35年間の住宅ローンを組むことができるという意味です。

このフラット35は公的な機関と民間金融機関が提携することによって住宅ローンの貸し出しをしている長期固定金利住宅ローンとなります。公的な機関は住宅金融支援機構と呼ばれていて、かつて省庁の管轄下にあった住宅金融公庫と呼ばれる特殊法人が2007年3月に廃止され、業務は住宅金融支援機構に引き継がれました。

フラット35のサービスの1つにフラット20と呼ばれるサービスがあります。このサービスは借り入れをする期間が20年以下の場合に通常借り入れする時よりも金利が低くなるというサービスです。また35年よりも長い住宅ローンに入りたい事もあると思います。そのようなときは、フラット50というものもありますのでこれで50年間の住宅ローンを組むことができます。フラット35のメリットを紹介します。

フラット35には民間の金融機関では必要になることが多い保証料が必要ないのです。これによって初期費用を抑えることが出来ます。

住宅金融支援機構には機構独自の技術基準があります。その技術基準に基づいて、物件の検査を受ける必要があります。この検査には検査料がかかるのですが、この検査をうけて問題がないという認定を受けることができれば住宅に安心感をもつことができます。

住宅ローンの金利のこと

住宅ローンには金利があります。今回はその金利について書いていきたいと思います。

住宅ローンの金利には2種類があります。それは固定金利と変動金利です。

一定の期間は固定金利でその期間がおわったあとは固定金利と変動金利かを選び、選ばなかったら変動金利に変更されるプランもあるのですが、固定金利と変動金利の組み合わせですので種類に入れていません。

固定金利の説明をしていきたいと思います。固定金利は返すお金の金利が事前に決まっているということなので、返済期間中に返すための必要な金額がわかるということです。返す金額がわかっているということは返済計画を事前に考えておくことによって、急に値段が上がったりすることもなく安定して返済することができるわけです。最初は固定金利の金利は変動金利の金利よりも高くなります。この固定金利の住宅ローンの中で人気なのがフラット35と呼ばれる住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して行っている住宅ローンとなっています。長期間の返済の時には一般的には固定金利の住宅ローンを借りるのがいいといわれています。

変動金利の説明をします。変動金利は金利が変動するということです。金利が上がったり下がったりするわけです。金利は景気などに影響されて変化します。金利があがると返済が厳しくなるので、リスクが高い金利になっています。そのため初期の金利が固定金利よりも低くなっているのが特徴です。一般的に短期間で住宅ローンを返せる時に向いているといわれています。

住宅ローンの借り入れ

注文住宅や建売住宅やマンションなどを購入するときには住宅ローンを借り入れするのが一般的です。住宅ローンとは住宅を購入するのに必要なお金を金融機関が貸してくれるもので、借りたお金を返済していくことになります。住宅ローンで借りるお金は大金なので一般的に長期間返していくお金になります。そのため、よく考えてから借りる必要があります。

住宅ローンを借りるためにはまず申し込みをする必要があります。そのあとに審査をうけて、その審査に合格することができて住宅ローンを借りることができるようになります。

今の住宅ローンでは、住宅にかかる費用の100%を借りることができるようになっています。前は80%までしか借りることができないのが普通でした。段々と便利になってきてはいますが、100%借りるのは控えるようにした方がいいでしょう。

その理由は返済が大変になるケースが多くあるからです。今の時代は収入もなかなか安定することもありませんし、いきなりリストラされてしまうこともあります。それを考えると長期間の住宅ローンで100%借りてしまうのはリスクが大きいといえます。一般的にも20~30%の自己資金を用意しておいたほうがいいといわれています。借り入れするお金の額にもよるのですが、借りるお金が20%違うだけでも返済する総額は何百万円とかわってきます。そのため自己資金はできるだけ多くしたほうがよいです。自己資金が足りていない場合は今から貯めてそのあとに購入を考えてみてもいいのではないでしょうか。

Copyright © 2017 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes