安全な浴室に

浴室は一日の身体についた汚れを落とす場所でもあるのですが、疲れを癒したり、リラックスする場所でもあると思います。しかし、この浴室では多くの事故が起きているのも事実です。滑って転んだり、浴槽で溺れるなどの事故が多い浴室は、家庭の中でも最も危険な場所の一つであることを忘れてはいけないのです。

まずは、滑りにくく衝撃を吸収してくれる床であるかを確認しましょう。浴室のつるつるとしたタイルの床で滑って転ぶと大きなケガをすることもあります。最近の浴室の床は、表面の凹凸を細かくすることで、濡れていても足が床面をピタッととらえ、滑りにくい形状になっています。万が一転んでも衝撃を吸収してくれるクッション性を持たせたものや、ひざを直接ついても痛くない柔らかい感触の床になっているのです。

そして、次に浴槽です。以前に多かった和式の浴槽は高さがある上に、床に置くタイプだったため、入浴時には足を高く上げてまたがなければなりませんでした。最近の浴槽は浅型の寝そべりやすい形状へと変化しており、また半埋め込み式となったことで、浴槽へのまたぎ部分の高さが低くなり、浴槽への出入りがスムーズになったのです。浴槽のまたぎ部分の高さは、低すぎても入りにくく、床から40センチ前後が適切な高さと言われています。この高さは、いったん浴槽に腰かけてから入浴操作に移れる高さでもあり、足腰の弱い高齢者や子どもでもスムーズで安全に入浴することができるのです。

浴室を設ける際には、床や浴槽に注目しておくのがポイントなのです。安全な浴室を設け、安心して入浴できる空間を目指しましょう。

オープンキッチン

間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが人気を高めています。オープンなキッチンにすることで誰でもキッチンに近寄りやすく、手伝いがしやすくなるのです。

オープンキッチンといっても形はさまざまです。I型と呼ばれるタイプのキッチンをリビングに向かって配置する対面型タイプが一番多く住宅に取り入れられています。他には、部屋の中央に島のようにキッチンを配置するアイランド型など色々な形があります。今までは壁付けキッチンが多く、リビングに背中を向けていたのですが、家族と向き合う形になることで、家事をしながらも家族と顔を合わせてコミュケーションをとることができ、コミュケーションが増えるだけでなく家事をより楽しみながら行えるのです。

また、キッチンに立って家事をしながらもリビングやリビングの先に設けてある和室にまで目線が届くことで、小さい子どもの様子も確認できるため安心して家事を行えるのです。このキッチンスタイルのデメリットは、お鍋や食器が乱雑に置かれた様子がリビングやダイニングから丸見えになってしまうことです。見た目にいいものではありませんし、急な来客時でもスムーズに対応しにくいのです。片付けをこまめにする習慣を身につけるか、片付けが苦手な人は、キッチンの前に腰壁を設けて気になる手元部分をしっかりと隠せるようなセミオープンキッチンにするのもいいと思います。

キッチンは家事を行う主婦にとっては非常に重要な空間となるだけに、家事やしやすく、居心地のいい空間にしておきたいものです。

ハウスメーカーの特徴

家造りを行う業者は数多く、どこに依頼したらいいか迷うという人も多くいることでしょう。そこでハウスメーカーの特徴について考えてみたいと思います。

ハウスメーカーは、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。そのため世間一般での社会的信用は高いのです。広告宣伝のプロがさまざまな工夫を凝らした情報発信を行うため、我々は細やかな情報を手に入れることができます。カタログやモデルハウスなど家造りのイメージを湧かせるための材料が豊富に揃ってもいるのです。モデルケースを多数持っているためその中からプランを選ぶことができます。

部材は工場生産のため早く、施工においてもマニュアルに従うため時間がかかりません。商品が規格化されているため自由にならない部分もありますし、メーカーによっては一目見ただけでどこのハウスメーカーのものなのかが分かるものも多いです。広告宣伝費やモデルハウス維持管理費などさまざまな経費が建築費に上乗せされてしまうので価格がどうしても高めになってしまうのです。標準仕様の価格で考えていても、契約後のオプション要素で金額が高くなっていくことが多いのです。

営業・設計・施工など各部門の人材がそれぞれに教育されているのでしっかりとしているという印象を抱く人も多いです。設計の自由度や個性、工期、金額、社会的信用度など様々な角度から業者選びを行い、最高のパートナーと出会いたいものです。

ママのワークスペース

家事や育児に毎日慌ただしく過ごすママ達ですが、ママの居場所となるスペースを家事の中心であるキッチンからより近い場所に設けておきましょう。そこは、家事や育児の合間の休憩スペースとしても重宝しますし、家計簿をつけたり、裁縫をしたり、子ども達のスケジュール管理をしたり、宿題のチェックをしたり、パソコンで開いてレシピ検索するにも最適のスペースとなります。

我が家は、キッチン横のリビングやダイニングからも見える位置に設けました。横幅と奥行のある広々カウンターは、子どもが成長すれば宿題を行うスタディーコーナーとしても利用させる予定です。ここでコーヒーを飲みながら休憩をしたり、ここでデスクワークを行いながらもリビングやダイニングで過ごす子ども達の様子が把握できるので安心して作業が行えたり、自分の時間を過ごすことができるのです。

自分の時間を大切にできるように、リビングとの境には程よい高さの腰壁を設け、空間を緩やかに区切りました。腰壁から天井まではオープン棚を設けて、お気に入りの雑貨や写真を飾ってインテリアを高めながらも、気になる視線を適度に遮ることができ間仕切りの役目を果たしてくれています。ワークスペースから手の届く下部は書類やレシピ本などを並べて本棚として利用させています。家事や育児の合間の自分の時間を大切にできるだけでなく、家族との繋がりやコミュケーションを行いやすいのでとても気に入っています。

ロフト収納

我が家の子ども部屋にはロフト収納を設けました。子どもが小さいこともあり、それぞれの個室を設けるのではなく、広々ワンルームの子ども部屋を設け、将来的に個室が必要となった時にワンルームを二つの個室に区切れるようにしました。個室になった時に狭さや圧迫感を感じないように勾配天井にしたのです。天井が高いことで個室になった際も閉鎖的な印象になるのを払拭できますし、この天井高を活かしてロフト収納を設けることもできています。

子どもの成長と共に物も増えていきます。しかし、子どもが成長することで個室を必要とします。物は増えていくが、空間は個室になることで狭くなるためこの矛盾を解消するためにロフト収納を設けたのです。捨てられない物や季節ものの用品をしまうには最適です。今はまだ収納するものが少ないため子ども達の絶好の遊び場となっています。

私の友人宅にもロフトが設けられていました。広々とゆとりのあるロフトは収納スペースとしてだけでなく、旦那さんの書斎スペースとしても利用していました。ここをウォークインクローゼットとして利用しており、明かり取りの小窓は衣類が日焼けしないように足元に配置していました。

衣類の管理がしやすくなっただけでなく、旦那さんが以前から希望していた書斎スペースを実現できているのです。休日は一人でここにこもって漫画を読んだり、音楽を聴きながらリラックスしたり、親子で昼寝をしたりプライベートな空間としても活躍しているのです。天井裏というデッドスペースも無駄にせず有効的に活用させたいものです。

収納への満足度

家造りを行う大部分の人が収納に注目することと思います。収納を設ける際、スペースに合わせて収納するという考えから、収納に合わせてスペースを確保するという考えを持って我が家は家造りを進めてきました。使い勝手のいい収納を設けたいと思っても、暮らしてみないと分からないということも多いです。実際に収納する物やライフスタイルに合わせて収納スペースを設けたいものです。

レイアウトの変更が自由自在の可動間仕切り収納というものを子ども部屋のクローゼットに採用しました。子どもの成長に合わせて子ども部屋に求める空間のあり方は変わってきます。そこで最初から個室の子ども部屋を設けるのではなく、広々ワンルームの子ども部屋を設けて、子どもの成長に合わせてその時々でぴったりの子ども部屋となるように可動間仕切り収納を移動させるのです。

間仕切りの役目を果たしてくれながらも衣類などしっかりと収納できるのです。ハンガーパイプには衣類をしっかりと掛けて、そしてその下には引き出し収納を設け、奥にしまった物でも物が出し入れしやすいようにします。限られた収納スペースでもデッドスペースを生むことなく上手に活用することで収納力がアップします。

主婦の多くはキッチンにパントリーを希望することでしょう。パントリーに設ける棚板は浅目にしておき、物の出し入れのしやすさや賞味期限の確認のしやすさを確保します。大きさのある調理器具なども収納することを考え、奥行のある棚もあると便利です。棚の高さを収納する物に合わせて変えることができたり、棚の奥行によって収納する物がピッタリとなるように使い勝手の高い収納を設けたいものです。

キッズスペース

マイホームは、つい大人目線が重視されがちです。しかし、子どもにとっても居心地が良い空間を目指したいものです。そこで家族が長時間ともに過ごすLDKの一角にキッズスペースを設けてみてはいかがでしょうか。

リビングとキッズスペースの境には程よい高さの壁で空間を緩やかに区切ります。リビングからの視線を緩やかに遮ることができ、子どもは思い切りおもちゃを広げて遊ぶことができます。リビングからの視線は緩やかにカットしながらも、家事を行うママからの視線は確保しておきましょう。キッチンからキッズスペースにしっかりと目が行き届くことで家事と育児の両立がしやすく、ママも安心できますし、子どものママの顔を見えることで安心して遊びに集中できるのです。

このキッズスペースを長期的に利用できるように、また子どもが利用しない時や子どもが利用しなくなった後でも有効に利用できるようにしておくのもポイントです。そこでカウンターとリビングとの境に設けた壁を利用して壁面収納を設けておきます。作業カウンターと収納スペースをあらかじめ作りつけておくことで、限られたスペースに家具を設置する必要がなくなり、スペースを有効活用しやすくなります。子どもが成長すればカウンターを利用して勉強をするスタディーコーナーとして利用できます。

壁面収納にはおもちゃだけでなく、勉強道具やランドセルなどを置けるようにするのです。リビングからは見えない収納スペースなのでこれらの物を収納していても目に触れることがなく、生活感を感じさせにくいのです。子どもが使用しない時はママが家事を行う家事スペースとして利用したり、パソコンスペースとしてなど長期的に利用できます。これなら子どもにとっても大人にとっても便利な空間となりそうですね。

注文住宅と建売住宅

我が家の新居は注文住宅で家を建てました。注文住宅のいいところは、間取りや設備、建物の構造や断熱材など全て自分達の希望に沿ったものを取り入れることができることです。着工前から竣工までの全ての過程を細かくチェックすることができ、一から造り上げていく工程をいつもそばで見届けることができ、安心感が得られました。また、完成した時の達成感や満足感の高いものがあります。

しかし、その反面で設計や見積もりなどにおいて打ち合わせも多く、かなりの時間を要してしまします。そして、仕上がりがあくまでもイメージでしかないことです。完成してイメージと違うといってトラブルになることも多いのです。工事や設計の変更などで追加費用が発生しやすく、予算オーバーになりがちなのも気をつけなければなりません。

建売住宅は、売主業者のプランで建てられた住宅を、敷地と一緒に購入することができます。土地を探す手間が省けますし、建物が完成している場合が多く、間取りや設備、内装などあらかじめチェックできるため暮らしがイメージしやすいのです。
注文住宅とは違い、打ち合わせなどで時間を取られることが少なく、仕事で忙しい家庭でもスムーズに購入することができるという魅力もあります。

また、規格化された住宅が多いため、建築コストを安く抑えることができるため価格の安さも魅力的です。しかしその一方で、間取りや設備など自由度が全くないことが不満点です。そして、建築の様子を確認することが困難であるため、しっかりとした工事が行われているかというのが不安点とも言えるのでしょう。どちらにもメリット・デメリットがあるだけに自分達が合っている方を選択して最高のマイホームを手に入れたいものです。

安全な浴室に

一日の身体の汚れを落としてくれ、疲れを癒し、リラックスする浴室ですが、実は多くの事故が起きている場所でもあることを忘れてはいけません。滑って転んだり、浴槽で溺れるなどの事故が多い浴室では、家庭の中でも最も危険な場所の一つなのです。特に小さい子どもや高齢者のいる家庭では安全面に配慮する必要があります。

そこでまず、出入り口の段差をなくし、脱衣室から浴室へスムーズに出入りできるようにしましょう。以前はここに段差を設けることで、浴室の水が脱衣室へ入ることを防いでいました。しかし最近は、ドアの下に取り付けられたゴムのストッパーで、浴室からの水の浸出を防ぐようになっています。そうしたことでつまずいて転倒するような心配がなくなり、車イスでもスムーズに出入りが行えるのです。

そして、滑りにくく衝撃を吸収してくれる床にするのです。以前のようなつるつるとしたタイルの床は、滑って転ぶことも多く、転ぶと大きなケガにも繋がります。最近の浴槽の床は、表面の凹凸を細かくすることで、濡れていても足が床面をピタッととらえ、滑りにくい形状になっています。万が一転んでも衝撃を吸収してくれるクッション性を持たせたものや、ひざを直接ついても痛くない柔らかい感触の床になっているのです。

そして、またぎが低く入りやすい浴槽にしましょう。以前に多かった和式の浴槽は高さがあるだけでなく、床に置くタイプでした。入浴時には足を高く上げてまたがなければなりませんでした。最近は半埋め込み式が主流となったことで、浴槽のへりのまたぎ部分の高さが低くなり、浴槽への出入りがスムーズになったのです。このような点に注目し浴室をより安全な場所にしましょう。

建売住宅

私の友人には建売住宅を購入した人も多いです。建売住宅は、土地+建物で〇〇万円というように明確な金額が最初から提示されているので予算化しやすいという魅力があります。建売住宅は、規格化された住宅が多いため建築コストを安く抑えることができますし、開発地などが多いため土地代金も安く設定されています。同じ条件の土地に注文住宅を建てると、土地の仲介手数料など余計な費用もかかるため2~3割のコストアップになるのです。予算化しやすい上に、コスト的にも安く購入することができるのです。

土地の場所や広さ、建物の間取りなど、すでにプランが完成しているので注文住宅よりもマイホームをイメージしやすいため安心度も違ってきます。間取りや設備、デザインなどもそのまま確認できますし、それだけでなく日当たり状況や外からの騒音なども実際に体験できるのは大きなメリットと言えるのです。入居できるまでの期間が短いというのも一つの特徴です。注文住宅であれば、土地が見つかり建築会社を決め、間取りを決めたり、細やかな使用を決めなければならず全体で半年ほどの工期が必要になります。しかし、建売住宅であればすでに建築済みですし、建築確認申請など時間がかかる手続きも簡略化できるので最短で1~2ヶ月ほどで入居することができます。

間取りや設備など予め決まっているため変更ができず自由さはありませんが、大人2人・子ども2人の4人家族を想定して建てられており、人気の間取りや最新の設備を導入し、人気の高さも納得できます。住宅を購入する際には建売住宅にするのか注文住宅にするのか自分達に合ったスタイルで購入しましょう。

Copyright © 2018 不動産など住宅にまつわる話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes